ヒビログ

何度も聞きたくなった話。
リクエストして久々に聞いてみた。


カンボの話。
カンボは五世代ワンサイクルで別々の役割をする虫。

一世代目がカンボ。
カンボは黒くて小さな虫。羽はない。
カンボは木に虫瘤をつくる。
その中に子供を産む。
カンボは単為生殖。

二世代目はアブラムシ。
アブラムシは幼虫スタイル。
アブラムシも単為生殖。
虫瘤を一杯にせんと増え続ける。

三世代目もアブラムシ。
幼虫のまま一生を終えるプログラム。
その姿のまま虫瘤から出ることもない。
ただ、増え続ける。

四世代目もアブラムシ。
彼らで虫瘤は一杯になり、やがて瘤には裂け目が出来る。
しかし四世代目は羽を持った成虫になる。
羽を持った彼らは虫瘤の裂け目から外へと飛んでいく。
そして各地へと広がって、それぞれ単為生殖を行う。

五世代目は雄と雌が生まれる。
五世代目が有性生殖することだけがカンボを生むことが出来る。

カンボは黒くて小さな虫。羽はない。
カンボだけが虫瘤をつくることができる。


みんなスペシャリスト。
「つくる」「ふえる」「ひろがる」

...卵の殻に人格(虫格?)があるようなイメージ??


カンボだけで45分の番組創った人たちも凄え☆
...見たかったなあ、それ♪
[PR]
by hibilog | 2005-03-30 09:23 | 現実☆日記


<< ヒビログ ヒビログ >>