ヒビログ

僕たちの世代は
「あらかじめ諦めざるを得なかった世代」なんだそうな。

バブルの崩壊から始まって、
大量リストラ~終身雇用の終焉、
新卒採用の冷え込み。
未来はアカルイどころか靄の中。


上の世代は大人になると、安居酒屋には行かないんだって。
...ホワイトカラーズのハナシだけど。

僕らといえば、
中野の1本60円のやきとり屋にも、
センター街のゲロ臭い白木屋にも、
中目黒の和菓子が美味しいバーにも行くし、
六本木ヒルズへフカヒレ食べに行く事もあるだろう。

その時の気分や面子・フトコロなんかに合わせて、色んな選択をする。
凄え楽しい☆前向きチョイス♪

でも、これって
「いつでも会社を辞めれる」って見えるらしい。

確かに、別に高級レストランじゃなくたって、
"みんな"で食べるマクドナルドはダイスキ☆だ。


「正社員」にそんなに魅力は感じなかった。
就職しても大した金は稼げねえ、
バイトの方が融通効くし、日々のフトコロ具合もそこそこクオリティライフ。
だいたい会社入ろうが、明日どうなるかなんてわかりゃしねえ。

まあでも、きっちり働いてみてわかった。

正社員採用にかかるコストの高さと、今後の少子からくる人材採用の困難さ。
会社はそうそう首切らない。
...だけどそんなこと、ビタイチ信じられなかった。


自分たちの世代は「何もない世代」と思ってた。
それが「ニート世代」なんて、まさか"名前"が付きかねないとはね。

しかも我々「ニート世代」は近い将来
戦後日本初の新しい"スラム"を形成する可能性があると。
ちなみに候補地は下北沢、高円寺♪


僕たちの世代は、人からホメてもらった経験が少ない。
というより、僕らの世代の喜ぶツボがわかりにくいのだろう。
だって僕ら自身、なにすりゃいいのか明快じゃないもの。

でも、だからこそ「人に認めてもらいたがる」
...慣れないから「照れながら」だけど。

昔、『60sとf**kできるのは90sだけだ』と、何かの"サブカル"雑誌で見たけど、
確かにPunksというよりLove&Peace、Hippieだ。

僕らの世代は「いいひと」が多い、と思う。
人の良い奴...ぶった斬るなら「神様に祈ってりゃイイコトあるさ」とどっかで信じてる。
...そんなことはない。

人に優しくするのは間違いない。
でも、イイコトは待つものじゃなくて起こすもの。
もっとアザトくったってイイ!!

薪を集めるだけじゃなくて、火を放とう。


別に他の世代にアコガレなんてない。
僕らの世代が大好きだ。

...僕らの世代のイイトコロは
「共感したがり」「ワガママ」「引き出しが多い」
だとすると、、、

だとすると、
「ありがとう」って思えることを探すのって、得意なんじゃないかな。

それがホントに「ありがとう」と言ってもらえるかはわからない。
けど、考えるだけ考えたら、
あとは自分を信じてしまおう。
...間違えちゃったら、次に繋げればいい。

「ありがとう」のお代で稼ごう。
他のことは 他の世代に任せればいい。


僕らの世代のアビリティに
ココロザシ持って胸を張りたい。
[PR]
by hibilog | 2005-05-21 16:48 | 現実☆日記


<< ヒビログ ヒビログ >>