カテゴリ:料理☆日記( 13 )

ヒビログ

b0060945_2322750.jpgb0060945_2322716.jpg晩ごはん、
メニューからつくってみた。





b0060945_232272.jpgb0060945_2322732.jpgb0060945_2322790.jpg








温泉たまごは間に合わず。、、、つうかお湯がぬるかったのね。

地鶏はそのまま塩だけで充分旨すぎたので、
バルサミコと苺のソースは豊後牛行き。

バーニャカウダは作り方知らずに何となくで作ったけど、
早すぎた温泉たまごの卵黄を何とはなしに混ぜたら大正解ね。
[PR]
by hibilog | 2007-05-26 23:02 | 料理☆日記

ヒビログ

b0060945_10335192.jpgメニューはこちら→
inspi'行山さん


【TeTOL食堂、12/28(木)のご予約メニュー】

 ・生ハムと最近好きなくだもの
  >洋梨に生ハムをのっける。
  >これ、よしぴから教わった、サンクス♪

 ・ゆで氏とたまご氏
  >ゆでたまごにマヨネーズのっけて
  >アンチョビか焼パプリカをのせる。
  >どっちかがゆで氏で、もうひとつがたまご氏。

 ・なんかそれっぽいタコ
  >1時間くらいタコをゆでる。玉ねぎと一緒にゆでると柔らかくなるそうだ。
  >ゆであがったタコを一口サイズに切る。
  >にんにくみじん、粉パプリカ、唐辛子、ローリエと一緒に熱したオリーブオイルで和える。

 ・緑っぽいもの (not 碧)
  >サラダ用ほうれん草のざく切りの上に、塩ゆでした緑の野菜をレモン汁で和えてのっける。
  >緑の野菜=ブロッコリー、ズッキーニ、アスパラガス、いんげん、さやえんどう、ししとう、オクラ...
  >で、アンチョビと生ハムみじんとにんにくみじんと一緒に熱したオリーブオイルをぶっかける。
  >、、、クルトンとかのっけといたら「ジュッ」って音がしたのかなあ!?
  >や、塩茹レモンでOKっぽいな。
  >あ、碧ちゃんは社長の彼女。

 ・イタリア風
  >オリーブと生モッツァレラチーズとプチトマトを竹串にプスプスプスっと。

 ・手抜きサーディン
  >オイルサーディンの缶を開けたら、そのままマヨネーズを塗って
  >卵黄が後ほど3個分余るのでもったいないから塗って、
  >生ハーブをのっけて、オーブントースターで6-7分チーン。

 ・逆キノコ
  >石突きを取ったマッシュルームを逆さにして生ハムを入れてパプリカをかける。
  >で、にんにくみじんを入れたオリーブオイルでじっくり弱火で焼く。

 ・冬なのに冷製パスタ、トマトばしゃばしゃ
  >前に創ったこれ

 ・ゆうこちゃんにつくったシチュー
  >ひ・み・つ

 ・豚肉を無駄にフランベとかしてみる
  >豚肉をナンプラーとメコン酒と胡椒で漬け込んどく。
  >ざく切りした玉ねぎとエリンギとパプリカと一緒に豚肉を炒める。
  >その辺にある飲みかけの適当なお酒でフランベして目を惹いてみる。

 ・人生初☆ぶっつけ本番で塩釜
  >鯛を魚屋で丸焼き用に内臓と鱗をとってもらう。
  >魚の内臓に生ハーブとにんにく入れてオリーブオイルをかける。
  >塩1kgと卵白3つ分をまぜたもので、生ハーブでくるんだ鯛を包む。
  >ガスコンロの魚焼きグリルにアルミホイルをしいて、塩ごと中火で1時間くらい焼く。
  >とりあえず叩き割る。
  >、、、鯛を豚の網脂でくるんでから塩で包んでもウマそうだな。

 ・牛セモ肉のワイン煮
  >ベースはセモの得意料理♪
  >牛すね肉のかたまりを玉ねぎ・セロリ・人参と一緒に2晩つけ込んで5-6時間煮る。
  >他の料理の途中で発生したブロッコリーの茎とかマッシュルームの石突とかもぶち込んで煮る。
  >で、フランスパンにのっけてどうぞ。
[PR]
by hibilog | 2006-12-29 10:33 | 料理☆日記

ヒビログ

豚ばら肉を1本買ったので、晩ごはんと翌日昼ごはん。

■豚ばらと青梗菜の黒酢炒めb0060945_17221477.jpg
01. 特売だった青梗菜を下茹でしてざっくり一口大に切る。
02. 豚ばらをさくさくスライス。
   たまねぎ1玉とピーマン2つ、まいたけ1パックも一口大に切っとく。
03. 深めのフライパンでにんにくみじんと鷹の爪をごま油であっためる。
04. 強火にして豚ばら投入、
   色がついたらたまねぎと好みの量の桜えび投入。
05. たまねぎが透き通ってきたら、
   他の野菜を投げ込んでじゃっじゃっ炒める。
06. 塩こしょうで味を調えたら、黒酢を鍋に2回しくらい。
   ちょっと多いかな位でおいしい。

■塩漬け豚の梨まみれ炒めb0060945_17221444.jpg
01. ↑で余った豚ばらに塩をすりこんで冷蔵庫に入れとくと、
   自動的に塩漬け一晩ね。
02. 冷蔵庫で梨が2玉くさりそうになってたので
   すりおろして、塩漬け豚をスライスして漬け込んでみる。
   ここまで朝作業。漬け込みは常温。
03. で、昼。昨日の余りのたまねぎ2玉とピーマン3つを一口大に切る。
04. 深めのフライパンでにんにくみじんと鷹の爪をごま油であっためる。
05. 強火にして梨おろしごと豚投入。水気を飛ばす。
06. たまねぎ、ピーマンの順に投入。
   ピーマンは結構火が止まる直前がおいしいみたい。
07. 塩こしょうで味を調えたら完成♪

思いつきでつくったわりに、思いのほかおいしかったのでレシピ残しとく。
[PR]
by hibilog | 2006-11-09 17:22 | 料理☆日記

ヒビログ

b0060945_17203923.jpg■ゴーヤとトマトの冷製パスタ
01. ゴーヤを薄切りにして塩で揉んでから、水にさらすぜ。
02. トマト、おっきいのは大体熟してないからプチトマト2パック、
   ヘタ取ってボウルにぶち込んでガシガシ手でつぶす。
   面倒だから皮はそのまま。
03. トマトボウルににんにく1片すりおろして、
   オリーブオイルだくだくと塩コショウ。かくし味気味にバルサミコ酢2ふり。
   あとでパスタを和えるから、ちょいとしょっぱめに味付け。
04. トマトボウルに生ハム&生バジル1パックずつを適当にちぎって入れて、
   ゴーヤも投入。軽く混ぜたら、冷蔵庫で冷やしとく。
05. シンクに氷水を用意、細いパスタを時間通り茹でたら、ざざっと冷やす。
06. パスタをトマトボウルで和えて、
   上からパルミジャーノチーズをピーラーとかでうすく削って散らすと完成。

いただきます♪
、、、けっこう材料費、奮発したね。
[PR]
by hibilog | 2006-11-09 17:20 | 料理☆日記

ヒビログ

b0060945_13135417.jpg晴れた日はナポリタンだろうって、わりとよくできたのでメモ。
谷岡は13:00に外出というし、平田くんはすっぱ辛いのがいいというので、
速攻スパルタン。

01. 鍋に湯沸しを社長に頼んで、ダッシュで買い物。
   麺はほうれん草のフェトチーネにしてみよう。
02. 深めのフライパンに多めのオリーブオイルで
   にんにくみじん1片&鷹の爪2つまみをあっためながら荷ほどき。
03. たまねぎ大1玉をタタタと切ってフライパンにぶち込む。
   で、いいやもう火は強火にしちまえ。
04. たまねぎ構いながら、冷蔵庫に余ってたしいたけ2-3個薄切り、
   特売のミニアスパラ1束を3等分。フライパンへ。
05. トマト3個をざく切り、手元にある適当なハーブ(バジルとかオレガノとか)と一緒にフライパンへ。
   ここで鍋に麺1袋を投げ入れる。ゆで時間はマイナス2分。
06. フライパンを強火のままで構いながら、ピーマン3個を輪切りとか千切りとか。
   切ったピーマンは麺が茹だる直前まで待って投下。鍋フリフリ。
07. 麺を鍋からフライパンへ。まじぇたら火を止めてレモン汁をぶっ掛ける。

んー、ナポリタンじゃないかも。
急いでたから肉を買い忘れる。
でも、蛸があいそうだな♪

おおし、仕事仕事☆
[PR]
by hibilog | 2006-10-25 13:13 | 料理☆日記

ヒビログ

b0060945_15273460.jpgb0060945_15273480.jpgほうれん草のカレーをつくってみた。
わりとよく出来たのでメモ。5人分ね。







01. 牛乳1Lを沸騰。火を止めてレモン汁投下、大さじ1杯くらい。
   まぜたらもう一回沸騰させて火を止める。少し冷ましてからガーゼで絞る。
   カッテージチーズの出来上がり。塩とかハーブ入れたらつまみになりそう。
02. 鍋に湯をたっぷり、塩ひとつまみ。で、ほうれん草2把をさっと茹でたらミキサーへ。
   水気が足りんかったら茹で汁でも入れる。
03. 深めのフライパンに多めの油。カッテージチーズを揚げる。で、チーズどけてから、
   にんにくみじん2片、しょうがみじん1片、クミンシード小さじ1/2を弱火で炒める。
04. いい匂いがするので、トマト2-3個ざく切りと、ターメリック小さじ1、赤唐辛子小さじ1を入れて、
   強火で2-3分炒める。
05. ほうれん草を投下して弱火で10分ほど煮る。その間に塩で味を調える。蓋はしない。
06. チーズを投下、1分くらい煮てカレー完成。
07. あわせて。強力粉3:水2でまぜて、麺棒で延ばす。くっつきやすいから、打ち粉は多めに。
   そんで、強火にしてフライパンで両面焼いたらチャパティね。
[PR]
by hibilog | 2006-10-22 15:27 | 料理☆日記

ヒビログ

b0060945_17442651.jpg
大典から教わった
ベジタリアンのパスタをつくってみる。
事務所で初☆料理♪

■マッシュルーム≒肉?!パスタ:
01. 湯を沸かす。湯に塩をスプーン大盛1杯、スープ的な塩加減。
02. にんにく1片みじん、たっぷりめのオリーブオイルと一緒にフライパンで弱火。
03. パスタをゆでる。ゆであがり時間の2分前に気づくように時計を気にする。
04. マッシュルーム2-3個@1人前みじん、フライパンに投下。火は弱火のまま。
05. パセリ2本@1人前みじん、まだフライパンに入れない。
06. パスタの時間がきたら食べてみる。若干硬い位で湯の火を止めてトングでせっせとフライパンへ。
07. パセリもフライパンに投下してまぜまぜふりふり。

いただきます。

アンチョビ入れてもうまそうだな、
でもそうするとベジタリアンじゃないな、
でもおれベジタリアンじゃないや。

、、、横で食いたそうにしてるので、もう2皿つくる。
今度はアンチョビ入りだ。


週に一度はカレーの日をつくろうかしら。
食べにおいでよ。
[PR]
by hibilog | 2006-09-15 17:44 | 料理☆日記

ヒビログ

カレーがおいしく出来たけど、つくり過ぎたので半量でメモ。

1. 鶏むね肉1枚と骨付肉(手羽??)を同じ位。
  軽く塩振ってフォークでいじめてから、
  ヨーグルトとカレー粉と冷蔵庫に眠ってる粒マスタードに和えて漬けとく。

2. タマネギ大4玉を繊維に平行して薄切りにしてからみじん切り。
  ついでにセロリ1本もみじん。にんにくとしょうがと一緒に
  バターで中火~弱火にしてひたすら炒める。
  しんなりしたら砕いた胡桃を投下。

3. 大根1/3本を2~3cm角に切って下茹で。
  トッピング用のほうれん草2束も3等分くらいにして茹でとく。

4. りんご1~2玉、バナナ1~2本、キウイ(黄)1個、にんじん1本をおろしまくって、
  炒めタマネギと合流。煮詰める。

5. 飲み残しの白ワイン(だいたい瓶の半分弱残ってる)を火にかけて
  アルコールをぶっ飛ばしつつ、鶏肉をヨーグルトごと投入。
  下茹で大根と炒めタマネギ&おろし果物とトマト缶1缶とベイリーフも投入。
  グツグツいったらふたをして弱火、焦げないようにたまに構う。
  概ね暇になるのでビールでもあおりつつ、この辺で洗い物大会。

6. トッピング用に、茄子3本と舞茸1パックを塩胡椒で炒めたり、
  人数分(6~8個)のトマトを丸のままオリーブ油で焼いたり。
  こいつらをほうれん草とあわせてトッピング食材皿へ。

7. カレー本体の味をみつつ、カレー粉と塩で調える。
  辛くしたいならカイエンペッパー投入。
  気分でレモン絞ったり、ガラムマサラ振りまいたり。
  だいたい味見しながらよく解らなくなるので、
  そうなったら勇気をだして塩をちょいとだけ効かせて、完成。

8. 米炊くの忘れがちなので、誰かに頼んどくといいぞ。

9. いただきます♪
[PR]
by hibilog | 2006-07-11 08:46 | 料理☆日記

ヒビログ

料理づいた土日。
花見♪

お花見にコックコート着込んで
まるで「ハウスシェフを連れて来たセレブ風の集団」って
エイプリルフールぶりたかったからかしらん。

コックコートは三光白衣で購入。
コックタイの巻き方はこちら
コスプレしてんのにふと恥ずかしくなって、でもその動揺を全力で隠す=余裕ナシ、
って、よく判んないテンションになってたな。
あ、せっかくだから、写真撮っときゃよかった。

結局のべ何人!?、、、色んな人が居たような。
寝ちったのか、料理に没頭してたのか。
逆立ちとか、木登りとかしたような。
楽しい曖昧記憶たち、、、そんな飲んだか??
可笑しな夢でも見てたようですよ。

鍋2ラウンド目のポトフ、
おれ、ちゃんと作りきったのかなあ。
どうも、最後の味付けまでしてねえような。

いったい、どうやって解散したのだろう。
気付いたらバックパック背負ってたような。
、、、片付けしてくれた人、ありがとう。

で解散後、何故だか宇都宮行って餃子食おうってなって、
当時どうやら本気だったらしくバックパックをコンビニから宅急便で送って
、、、、、、、、、、気付いたらウチ。
ブルーチーズのペンネを作って力尽きたらしい。

で、宇都宮は行かなかったけど、
翌日、昼間っから餃子を皮からつくって食べた。
つくりすぎて冷凍中、、、ほしい人にはおすそ分けするぞ。

BBQとポークビーンズシチューはうまくいったっぽいのでレシピ残しとく。
ポークビーンズシチューはこの本より。

■豆とりんごの豚シチュー:
 1.白いんげん(300g)を一晩、水にさらしとく。
 2.オリーブ油ひいて、にんにく(1片)とたまねぎ(2個)のみじん切りを炒める。
 3.一口大に切った豚肉(1kg)を投下、ここで塩&胡椒。肉表面に焼き色つける。
 4.豆投下、みじん切りトマト(2個)と一口大に切った紅玉(3個)も投下。
 5.ひたひたの水で煮る。ローリエ入れとく。
 6.適当にアク取りつつ煮込んだら、塩で味を調えて完成。

■いつも肉の火のとおりが悪いので、肉だけ先に蒸しとくBBQ:
 1.鶏むね肉を一口大に切って、塩・胡椒・適当ハーブ(オレガノとかローズマリーとか)をまぶす。
 2.そのまま安い白ワインで蒸す。ここまでが家作業。あとはまな板と包丁持って現地へ。
 3.マッシュルームはいしづきを取る。いしづきは適当にスープなどに別途投げ込む。
 4.ねぎは3-4cmに輪切り。青い部分はみじんにしてイカに醤油と一緒にぶっかけてホイル焼きへ。
 5.プチトマトはへたを取る。さすがにへたは食べない。
 6.茄子は一口大に乱切り。水にさらすなりしてアク取った方がいいけど、面倒だから大体そのまま。
 7.オクラはへたみたいなのとって半分に。何か癖で塩まぶしてゴロゴロしちゃうけど効能は不明。
 8.で、ぜんぶ皿にのっけて、串と一緒に人の輪の中に放り込む。あとは任せた。

要は、みじん切りか一口大か、どっちかってことだぬ♪



桜が舞い落ちる善福寺川は、ボーナスステージみたいだ。
[PR]
by hibilog | 2006-04-03 23:06 | 料理☆日記

ヒビログ

b0060945_19581446.jpg
こっちはカルボナーラ用。


評判よかったのでレシピ↓
----------
1. 豚ばら肉を買ってくる。
2. フリーザーパックに肉と肉の塩を1/10弱の量を入れる。
3. ついでにハーブを入れる。
  、、、胡椒、オレガノ、ローズマリーやらその辺。
4. 冷蔵庫で一晩、放置プレイ。
5. 水気を取って、クッキングペーパーなど吸湿性のよいもので包んで輪ゴムで固定。
6. また冷蔵庫プレイ、2週間。クッキングペーパーが湿ったら交換。
  、、、実際は5日目くらいまで毎日交換、その後は2-3日におきに交換した。
7. いただきます♪

ホントのレシピは、コチラ
けど脱水シートが高いらしいので、クッキングペーパーを使用。


そんで、ばら肉が基本らしいけど、肩ロースでもつくってみた。
ロースの方が脂身が少ないので、ばらをカルボ用、ロースをおつまみ用に。

、、、今度は脂身のさらに少ないヒレでやってみようかと。
[PR]
by hibilog | 2006-01-28 19:58 | 料理☆日記